前へ
次へ

不動産売却より先に住む家を購入する

転職の時は退職してから職を探すか、転職先を決めてから退職するかがあります。無職状態を無くしたいなら転職先を決めてからの方が良いと言えるでしょう。不動産売却をして新たに住宅を購入する住み替えにおいても先に売って後から買う、先に買ってから後から売るの選択がありどちらにも長所と短所があります。先に購入して後から不動産売却をするときは住まいがない状態を防げます。そのため間に賃貸物件などを挟まなくて済み引越しも一度で済ませられます。ただ先に購入するには購入費用を用意する必要があり、不動産売却で受けるお金をあてにしようとするときは問題があります。お金に余裕があるときに取りやすい方法と言えそうです。不動産売却を後にするときのメリットとしては希望額で売れる可能性があるでしょう。先に不動産売却しようとすると早めに売りたいがために希望売却価額を下げるときもあります。希望額で不動産売却ができる分保有期間が長くなってしまい、二軒分の固定資産税を負担しなければいけない可能性も出てきます。

Page Top