前へ
次へ

不動産売却時にリフォームは必要なのか

不動産売却前に物件の老朽化や傷、雨漏りなどへの対処をしておいたほうがいいといわれていますが、実際に購入する人がその不動産物件を修理して住むか、あるいは解体して新たな物件を作るのかはわかりません。そのため、不動産売却前にリフォームをするべきかどうかは、専門家と相談してから実施したほうがいいといわれています。専門家の中にはリフォームしてから売却したほうが高額で売却できると考える人もいますが、必ずしもすべての不動産売却時にリフォームがプラスと働くわけではありません。そのため、不動産売却前に不動産業者とよく話し合い、納得したうえでリフォームを行うか確認することが重要となります。ただし、リフォームを行わずに不動産売却する場合、売却する金額から修理費用を差し引かなければならない場合もあるため、慎重に対応することが必要です。不動産売却をするうえで建物がある場合にはリフォームなどの必要性があることも理解しておくことが必要となるため、慎重に判断して売却を決めてください。

Page Top